美容や健康に決定的に違う「青汁の効果の比較」

青汁とは?

青汁とはケールなどの緑黄色野菜を使った飲み物のことです。大麦若葉、明日葉、ケールなど様々な植物を原料にしたものが売られており、その成分により多少効果が異なります。

 

代表的なのがケール100%の青汁です。ビタミンやミネラルが多いことから、健康食品としてよく利用されています。ケールはキャベツの仲間となる植物で、食用としてはあまり利用されていませんが、その栄養価の高さから青汁として活用されています。

 

最近増えてきているのが大麦若葉を使った青汁です。ケール同様にビタミンやミネラルの栄養価が高いのですが、ケールより飲みにくさがないことから美味しい青汁として加工されることがあります。

 

青汁と呼ぶことができるのは、生の野菜類を絞った汁であることです。加熱した野菜とは異なり、ビタミンや酵素の損失が少なく、そのため美容や健康に様々な効果が期待できます。

 

現代人は野菜の摂取量が減少しているともいわれていますから、青汁のように飲むだけで野菜の栄養素が手軽に摂取できるのは便利です。さらに野菜そのものの栄養価も昔と比べ著しく低下しているといいますから、現代人はきちんと野菜を食べているつもりでも栄養が不足している可能性があります。

骨を強くする効果

意外にも野菜にはカルシウム摂取に向いているものがあります。青汁で使われるケールなどの植物は、カルシウムの量も多くなっていますから、普段の食生活で不足しやすい方が摂取すると便利です。

 

ケールはカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも同時に摂取できます。そのことから骨粗しょう症予防として、成長期の骨を強くするために、毎日の青汁で手軽にカルシウム摂取ができます。

 

カルシウムは骨以外にも歯にも使われていますし、心臓の機能を安定させる効果や、筋肉や精神などにも左右しています。一般的に骨というイメージがありますが、カルシウムは体にはなくてはならない栄養素で、足りなければ体全体の機能が低下する恐れがあります。

 

最近の研究では牛乳より栄養のバランスが良い青汁でカルシウムを摂取したほうが、吸収率が良いともいわれています。牛乳が飲めない方、牛乳のカロリーが気になる方にもおすすめです。

 

牛乳のみで必要なカルシウムを摂取しようと思うと、1リットルは飲まなければなりませんから、青汁を上手く利用しながら吸収率を高めましょう。小魚でも意外と大量に食べないと必要量までは達しにくくなっていますから、青汁を1日1杯飲んで足りない分を補ってみてください。

 

青汁おすすめ比較ランキング 

関連したサイト

青汁おすすめ・・・青汁の中でも粉末タイプの青汁をサイト編集部スタッフ6名と美容ライター4名の計10名で実際に飲んで、味、香り、粉の溶け具合、青汁感、美味しさなどを比較してランキング形式でご紹介します。青汁の種類、特徴、効果、栄養素、飲み方、アレンジ方法などもご紹介します。

花粉症予防に

青汁は花粉症に効果があるともいわれています。今では日本人の30%近い人が花粉症ともいいますから、健康食品などに頼り症状を緩和させたい方も多いでしょう。

 

青汁と花粉症の研究は、各メーカーでも行われています。例えばファンケルの青汁が花粉症に効果があるということが判明しています。ケールに含まれるポリフェノールの一種が効果的に働き、花粉症の症状を緩和させることがわかりました。

 

青汁の成分で花粉症の予防策になることがわかっても、完治させるわけではありませんから、花粉症の時期に入る前から対策をして、少しずつ体質改善させるような気持ちでいることが重要です。花粉症の時期に飲めば治るというより、予防の意味が強くなっています。

 

具体的にケールに含まれている成分で花粉症に良いとされているのが、糖脂肪とラボノール配糖体です。アレルギーを引き起こす物質を押さえたり、症状を緩和させる効果が研究でわかっています。

 

青汁を花粉症対策として利用するなら、できるだけ1日1杯飲み続けましょう。花粉症が起きてからでは既に体内のヒスタミン量が増えていることがありますから、その時期より少し前か症状が酷いなら1年中飲み続けてみてください。

糖尿病の予防に

糖尿病の予防や既に糖尿病を発症している方にも、青汁はその効果が期待されています。青汁は植物がメインの飲み物ですから、治療中の方でも副作用がなく続けやすいからです。

 

糖尿病の予防や食事療法には野菜の摂取が重要だといわれています。しかし、毎日の食生活でどのくらいの野菜がとれているでしょうか。青汁はコップ1杯飲むだけで野菜の栄養素がぎゅっと詰まっています。大量に野菜を食べなくても良いため便利です。

 

青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、体の機能を整えて血糖値の上昇を補助してくれる効果が期待できます。

 

さらに青汁には食物繊維が豊富ですから、腸からの栄養吸収を緩やかにしてくれ、血糖値が上がりにくくなります。血糖値の上昇が少なくなれば、インスリンの分泌量も少なく、毎日飲み続けることで予防効果が高まります。

 

食物繊維は腸に働きかけ、コレステロールの排出を助け便秘を解消して糖尿病予防にも繋がります。

 

青汁の中でも血糖値のコントロールに良いとされているのが桑の葉です。桑の葉には小腸から糖の吸収を抑える成分が含まれ、血糖値の上昇を防ぎます。この成分はブドウ糖と結びつく性質を持つため、糖が吸収されにくい効果もあります。

 

青汁おすすめ比較ランキング